平成の桃太郎

ロゴ

生活の現場から暮らしを立て直します

こんにちは!平成元年生まれの28歳:国政直記(くにまさ・なおき)と申します。

子供の頃より物理化学に興味を持ち、将来は「資源の乏しい日本のエネルギー分野に貢献したい」という思いがありました。憧れの名古屋大学に入学し、原子力技術者への扉に手を掛けましたが、在学中に東日本大震災が起こり・・・ご存知の通り、ここ数年で原子力を取り巻く状況は大きく変わっています。

進路に悩み紆余曲折を経て起業、学習塾を立ち上げました。様々な家庭環境のお子さんを見るなか、世帯間の収入格差がそのまま教育格差につながっていることを知りました。教育だけはどの家庭環境の子どもにも公平に受けさせたい。そういう仕組みを作れないだろうか。

塾の先生は自分の塾に来てくれる子どもたちにしか、学校の先生は自分が勤める学校の範囲内でしか活動が難しいのが現状です。しかし政治家であれば、名古屋市内の公立学校に通う全ての子どもたちに対して、良い影響を与えることが出来ます。

平成元年に生まれ、小中高大すべて市立・県立・国立学校に通い、今の学校教育を最も知っている若者世代の代表として、私よりもさらに若い子どもたちの教育行政に責任を持って取り組みます。

お知らせ

次亜塩素酸の無料配布について


次亜塩素酸の無料配布について


昨日は次亜塩素酸の除菌液を95リットルを有償で配布しました。日に日に、需要が大きくなっているのを感じます。かなり活動も本格的になってきましたので、以前からやりたかった次亜塩素酸の無料配布を行います。


活動の目的としては、アルコール消毒液が店頭在庫切れなどで購入できない人達に、代替品として次亜塩素酸水溶液を無料で配布し新型コロナウイルス感染症対策に少しでも役立てていただこうというボランティア活動です。


ただし、様々な法律などの規制があるので、当面の無料配布の具体的な方法としては、現在数名ご協力いただいている有志の方を中心に、


①クニマサからボランティアの方に、週に1度程度、まとまった量の次亜塩素酸をお渡しする。(まずは5〜10リットルからスタート)

②ボランティアの方が、各自、お好きな方法で、次亜塩素酸の無料配布を告知して、1人あたり300〜500ミリリットルを目安に無料配布する。

③ボランティアの方がクニマサに、お渡しした人数・お渡しした人の苗字(フルネーム不要)と、来週は何リットルの次亜塩素酸が必要か連絡する。

①〜③を新型コロナの影響が小さくなるまで、繰り返す。


という方法でまずはスタートしてみたいと思います。ボランティアの方が、それぞれどのように次亜塩素酸を配布するのかの具体的な方法は、私では管理し兼ねますので、申し訳ないですがお任せしたいと存じます。ボランティア活動の対価として、時にはご寄付をいただける方もみえると思いますが、そのお金はそのままご自身で受け取っていただいて構いません。


僕個人としては、1リットル業務用200円、高品質300円での販売を続けていきます。業務用と高品質の違いは、水道水で作るか、飲料用炭酸水で作るかの違いです。無料配布の方は業務用になりますが、水道水も濾過してあり、次亜塩素酸の濃度や除菌力の差はありません。もし、無料配布のボランティアの活動中に500mlを超えて大量に必要な方がみえた場合はクニマサにご紹介ください。その利益で、無料配布できる次亜塩素酸水の量を増やしていきます。


もし追加で、無料配布のボランティアにご協力いただける方はご連絡よろしくお願いします。疑問点や何かしらの不備等があれば、直接ご指摘、お問い合わせください。

1日も早く原発をゼロへ

教育は国家百年の大計と言います。エネルギー問題も然りです。私より若い世代が安心して学び・暮らし、先に希望をつなげてゆける世の中を目指すには、資源に乏しい島国日本にとって、次世代エネルギー開発が最重要事項のひとつになると考えます。

大学で学んだ知識を生かし、クリーンエネルギーへの段階的転換を進め、水素エネルギーの活用やバイオマス発電など、地産地消のエネルギー開発を促進していきます。そのためには産官学の連携が不可欠であり、文系学部出身の議員が多い中、私はクリーンエネルギーに最も詳しい工学部出身の政治家を目指します。専門知識を政策に生かして、エネルギー分野からも名古屋市の未来を担ってゆきたいと考えています。

自己紹介

茶室にて

平成元年生まれ。文武両道の精神・謙虚な心構えで、日々学びを得ております。まっとうな名古屋市政を実現するために立憲民主党にて活動しています。

» こんな人です

後援会

若者が働きやすくなるような社会の実現を強く指向しております。一緒に考えながら、前向きに実現してゆける同志を募集しています。是非一度お声かけ下さい!

» 詳しく

ブログ

茶室にて

みなさまの声を聴きながら、希望をもてる社会を作りたい。くにまさ直記が考えること・行動していること、少しづつ記しています。お目通し頂ければ嬉しく思います。

» ブログへ