平成の桃太郎

ロゴ
トップブログ ≫ 建築画ピーテル・サーンレダムとオルガン陳情

建築画ピーテル・サーンレダムとオルガン陳情

日経0205/36面

ピーテル・サーンレダムは日本ではあまり知られていませんが、教会堂の内部の建築画を好む画家です。

アムステルダム国立美術館が所有するサーンレダムの教会堂画(1636年油彩)には、遠近法の効いた教会堂奥に大きなオルガンが描かれています。このオルガンは、15世紀後半に設置されたものですが、プロテスタントに信仰が変わってからほとんど私用されなくなっていました。

その後1643年に、一部の演奏家や愛好家がオルガンを使用するように市議会に陳情しました。彼の絵は、まさにその陳情に関わる政治的な主張の手段として描かれたものでした。その甲斐もあってか、オルガンは修理され日常的に使用されるようになりましたとさ。

はて、キリスト教のプロテスタントはオルガンをあまり使用しないのでしょうか?
いずれにしても、何気ない美しい(しかも、来訪者もまばらな静けさのある教会堂画)がそんな政治的主張を秘めているなんて、その絵をみただけでは分かりません。こういう芸術の背景を楽しみ方法も、あるんですねぇ。
名古屋市政を良くする若武者:国政直記ホームページ開設 大志を抱け
ネット選挙について-001 ネット選挙でできることできないことの紹介(転記)
Print 野党が何をしているのか。
tmpfile GDP速報値について【新聞各社読み比べ】
Go To Eat キャンペーンについて
1622590 新聞読み比べ、名古屋市の公立学校の臨時休校に対する具体的な対応について